--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スプリンターズS回顧と有力新馬

2009年10月06日 02:06

 スプリンターズSは、高松宮に続き連覇を果たしたローレルゲレイロが優勝。1㎝差に泣いたビービーガルダンが2着。サマースプリント王者カノヤザクラが3着の結果でした。

 今回は、スプリンターズSの回顧と来週から開催される東京、京都でデビュー予定の新馬について書いていきます。

・スプリンターズS回顧
 今回のスプリンターズSは前半4F44.1、3F32.9と予想していたものより早いタイムでテンを走ったローレルゲレイロの逃げ切りでしたが、これはフロックではなく強さが際立つ内容であったと思います。良化スローと考えていたローレルの立て直しは見事の一言です。
 また、惜しくも2着だったビービーも先団での競馬。勝ちに等しい2着だと思います。
 3着のカノヤもよく健闘しました。しかし、元は夏馬。来年の夏まで出走も少ないと思いますし馬券としては難しいと思います。

 今後の狙いはスプリント戦線では来年の高松宮まで待つ形となりますが、ローレルは怪我さえなければ来年以降も期待です。
 しかし、ビービーの場合は事情を考えると高松宮は馬券には絡まないかも。人気にはなりそうですが…



・新馬情報
 POGファンの方は情報入手も早いかと思いますが一応。
 通常この時期の新馬戦はレベルが上がるので書き添えておきます。

・期待の血統、ダイワメジャーやダイワスカーレットの半弟シャガールは調教順調。10/18の東京1800mでのデビュー予定。鞍上は横山典Jを予定。
 まだ、デビューは少し先なのでそこまで強い調教はしていませんが芝で上々の動きでした。

・その併せ馬でいい動きを披露したミッションモードはその一週前の10/11東京1800mでのデビュー予定。鞍上は北村宏J。
 こちらは血統は少し重厚ですが動きは素軽く新馬戦向き。

・元々は夏デビュー予定がハプニングからデビューの遅れたジャポニズム。こちらは池添Jで10/31京都2000mを予定。この新馬に同じく出走予定のゴールスキーも注目です。

 またデビュー済みの新馬の中ではファレノプシスの仔ラナンキュラスは10/10のりんどう賞。トーセンファントムはいちょうS。

 私的注目馬はトーセンファントムの2着馬エーシンウェズン。ファントムには完敗でしたが未勝利では力が上。今開催の芝未勝利戦で出走濃厚なので馬券的には頭からでも。しかし血統的には芝よりダート、中距離より短距離血統なのでいずれダート戦に出走してきたときには狙い目。


 今開催では例年夏終わりに入厩している新馬が多いため出走馬は期待馬、有力馬が多めに出走を予定しています。POGファンの方、馬券ファンの方は今開催の新馬は今後を見据えても狙い目なので是非注目してください。



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://saga12.blog65.fc2.com/tb.php/192-b1ae0b92
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。