--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Imitation Lover

2006年09月01日 01:33



今回はlightから発売されたImitation Loverの感想を書いていこうと思います!!


まず簡単にあらすじを!!
Getchu.comより(http://www.getchu.com/)

紛れもなく純愛、しかしどこか歪んだボーイミーツガール。

本作は18禁でありつつ、恋愛物として完成度の高い作品を目指したリアルな純愛アドベンチャー。
現代の若者らしい刹那的な性的事情を描く群像劇。エッチでポップで切なくて、ちょっとだけ感動できる――そんな作品。
「次のテスト、カンニングさせてくれたら処女あげるよ」
期末テストを間近に控えた夏の日の放課後、来栖樹は一之瀬響からそう持ちかけられ、呆気にとられる。品行方正、人畜無害、目立たず匂わず波風立てずをモットーに生きてきた樹にとって、響はあまりにも住む世界が異なる人種だった。流されるままカンニングを手伝う羽目になった樹は、その結果として響が本当に処女であったと知ることになる。ではなぜ、それを自分にくれたのか?好意を持たれるような覚えはなく、彼女の態度からも色恋がらみの甘さは感じられない。セフレでもなく。恋人でもなく。言葉に出来ない曖昧な、相応しい例えを見つけられない“偽物(Imitation)の関係(Lover)”――。
暑い夏の日。ミステリアスな少女に翻弄され、何事にも受動的だった樹は少しずつ変わっていく。
若さゆえの火遊び。刹那的な逃避。持て余した性欲の発露。そこに共通することがあるとするなら、ただひとつ――
これはとびきり真剣な、紛れもない純愛であるということ。
偽物であれ、本物であれ、それ自体に嘘はないということ。

「キミ、私と付き合ってみない?」
こうして始まる、偽物の恋人関係。だがその中で、樹は徐々に響へと惹かれていってしまう。
自分達は、本当に偽物なのか? 本物になってはいけないのか?
樹の懊悩は、深く複雑になっていく……

登場人物は主人公来栖樹、学園で知らぬ者はいない、マイナスな意味での有名人一之瀬響(いちのせきょう)、響とは逆に、プラス的な有名人桐沢伊織(きりさわいおり)、控えめで引っ込み思案な園村円香(そのむらまどか)、学園の内外で浮名を流す遊び人城戸尚也(きどなおや)


今回は感想の前に総合評価を書いておこうと思います!!(感想見れない人にお勧め度合いを示せないことに今気づいた( ; ゚Д゚))

ストーリー
★★★★★
(五段階中五つ)

ホントに良い話でした!!
ちょっとエロが多いのですがそれをカバーするくらい感動しました!!

グラフィック
★★★★★

非常に綺麗な絵でした!!( ^▽^)

総合評価
★★★★★
今回は最大評価です!!
ストーリーは比較的短めですが素晴らしかったです!!
お勧めします!!




これ以降は感想になりますので未プレイのあまりお勧めはしません汗

[ 続きを読む ]
スポンサーサイト

School Days(スクールデイズ)

2006年08月18日 17:22

今回はスクールデイズの感想を書いていきたいと思います!
まず簡単にあらすじを。
(Getchu.comより…http://www.getchu.com/)

主人公『伊藤 誠(いとう まこと)』は、気になる女の子がいる。こっそりと携帯の待ち受け画像に忍ばせて、その女の子の写真を持ち歩いている。隣のクラスの『桂 言葉(かつら ことのは)』。彼女は、同じ沿線から通っていて、いつも同じ時刻の電車に乗る。それに気が付いてから、誠は、毎日の通学が少しだけ楽しみになった。

しかし、ある日誠は、携帯の待ち受け画像を隣の席の『西園寺 世界(さいおんじ せかい)』に見られてしまう。学校で流行っているおまじないで、2週間人に好きな人の写真を待ち受け画面にして、その待ち受け画面を見られずに過ごせたら想いが成就する、というのがあり、小耳に挟んでいた誠も密かにそんな願を掛けていた。授業中、メモ紙をやりとりしながら、何とか口止めしようとする。ついカッとなって、声を荒げてしまい、先生に怒られたりもする。

女子の集団で話している世界を屋上に呼び出し、説得しようとするが、ふざけて取り合おうとしない世界にカッとなって、押し倒すような格好になる。気まずい沈黙。沈黙の後、世界は他言しないこと約束し、更に協力すると言う。その日から、二人の共同作戦が始まる。世界は、言葉と仲良くなり、言葉が実はみんなから距離を置かれていて、孤独気味ということや、押しつけられてクラス委員をやっていることを知る。

特に好きな人はいなく、ちょっといいかな、と思っている男子がいる程度だということなど、様々な情報が集められていく。その仲の良さを見て、誠の親友である『澤永 泰介(さわなが たいすけ)』は、「お前ら、付き合ってんの?」と聞き、二人は笑って否定する。自然に誠が接触するために、世界は言葉を誘い出し、外で食事をする。そこにぎこちなくもやってきて、誠も参加する。仲良くなる誠。順調に進む作戦に、誠は世界に感謝する。

やがて、誠は思いきって、今日の帰り、二人だけで遊びに行かないかと誘う。デートであることを察した世界は、頬を染めて「わたしでいいの?」と聞き、うなづく誠に、デートに応じると応える。委員会が終わったら、一緒に帰る、と。そんな小躍りする誠の様子をみて、物思いにふける世界に、言葉が話しかける。言葉もまた、世界に感謝していた。少し気になっていた男子は、誠のことだったという。世界は笑って、よかったじゃん、と祝福する。夕焼けのホームで一人、言葉を待つ誠。そこに、世界がやってくる。世界も、言葉や誠ほど遠くはないが、同じ沿線で通っていたのだった。

誠は、今まで世界に注意を払っていなかったので、気付かなかった。これから?」と聞く世界。「おう。 ……なあ、ありがとな」と感謝する誠。「お礼に、なにかしてもらおうかな」と言う世界に「なんでもするよ」と笑う誠。「じゃあね……」と考えていると、電車がやってくる。「ゆっくり考えてろよ」といいかけた誠の唇を強引に奪う。「こんだけでいいや」と、照れ笑う世界。あっけにとられる誠。「デート、がんばれ!」と激励して、世界は去る。呆然としたまま、ホームに立ちすくむ誠。電車の中、せつない表情で想う世界。携帯には、実は誠の写真の待ち受け画面。委員会が終わり、嬉しそうな表情で駅へと急ぐ言葉。三者三様の表情で物語が始まる。

オーバーフローが贈る超大作アニメーションゲーム『スクールデイズ』。膨大なボリュームのアニメーションで描かれる3人の恋物語は、どのような結末を迎えるのか・・・

登場人物はクラスメイトの西園寺世界、誠の憧れる隣のクラスの少女桂言葉、その妹桂心、同級生で世界の友達の甘露寺七海、清浦刹那、黒田光、隣のクラスの加藤乙女(他は一部省略)、誠の親友澤永泰介、そして主人公伊藤誠。

これ以降は感想になります。
未プレイの方でこれ以降やりたいと思っている方はシナリオの部分に触れてしまうので避けたほうがいいかも( ; ゚Д゚)

[ 続きを読む ]

鎖-くさり-

2006年08月14日 01:05

今回は葉っぱさんが作った鎖の感想です!!
今回から評価についてシナリオ、グラフィック、総合評価の三点から評価していきたいと思います。

まず、作品のあらすじを簡単に。
(Getchu.comより…http://www.getchu.com/)
高速実験船「バジリスク」。主人公「香月恭介」は、そのテスト公開に便乗することになった。同情する航行責任者は幼なじみの母親ということもあり、修学旅行気分で船旅を楽しんでいた。
そんなある日、漂流していた海洋調査船と遭遇。海洋学者と名乗る岸田陽一を保護することになる。
ところが、その日から何かが変わる。相次ぐ航行機器の不調…。
そして事件が起こってしまう。突然起こった停電から復帰すると、そこには容赦なしにいたぶられ、シャンデリアに縛られた航行責任者「折原志乃」の姿が…。

これまでのリーフのイメージを覆す作品が登場。
誰の助けも得られない「船内」という限られた空間で繰り広げられる殺人鬼との激しい攻防!
初の『極・陵辱』サスペンスアドベンチャー。


主人公は香月恭介、その男友達早間友則、そして登場ヒロインはおっとりけいの折原明乃、気の強い姉綾之部可憐、明るい性格の妹綾之部珠美、ミステリアスな片桐恵、主人公の妹香月ちはや、明乃の母折原志乃、そして船を転々と渡る強姦魔岸田洋一である。


ここまでは内容紹介です。ここから下は感想になります。

[ 続きを読む ]

ななついろ☆ドロップス

2006年08月07日 01:04

今日はユニゾンシフトブロッサムから発売された「ななついろ☆ドロップス」の感想です。

まず作品説明について。
(Gechu.com…http://www.getchu.com/より)
たとえば、窓の外の星を見つめているとき。
たとえば、一日のおわりに秘密の日記を書いているとき。
不思議な出来事は突然空から降ってくる――。

騒がしい街には、電車で数駅。ほんのちょっと不便だれど、静かで展望台があって、流れ星がたくさん見える……そんな町、舞方市星ケ丘。
澄んだ空にまい散る星たちを見て、ここは『世界で一番星に近い町』と呼ばれている。
そんな星ケ丘にひとつだけある学校「星城学園」に通う石蕗正晴は、少しだけ不器用だけど、どこにでもいる普通の男の子。学年も変わって何もかも新しくなる季節、五月のある日――正晴の生活は180度変わってしまう。
それはふたつ――……
ひとつは、クラスメイトたちと仲良くなること。新しくなったクラスで、今まで一度も話したことのなかった同級生たちと話すこと。不器用な正晴には、それは少しだけ難しいことだった。
そしてふたつめ。
あるハプニングから、もうひとつの「自分」ができてしまったこと……。怪しいジュースのせいで、正晴は日が暮れると小さな羊のぬいぐるみになってしまうのだった!!
元に戻れる手段がただ一つ。この町に流れ星とともに降ってくる『星のしずく』を集めること。『星のしずく』を集めることができるのは、不思議な杖に選ばれた、特別な女の子――。そしてその「特別な女の子」は、クラスメイトの秋姫すももだった……今まで話したこともなかったクラスメイト。だけど正体を知られたら、永遠に普通の人間には戻れない。昼間は不器用な男の子「石蕗正晴」として。そして夜になれば羊のぬいぐるみ「ユキちゃん」として。

不思議な物語の一ページが、いま始まる――。

という感じのストーリーです。

ここからは感想を書くのでネタバレがメチャメチャ多いのでやってなくて見たくない人はここからは見ないほうがいいかもです(;・∀・)
一応やったことのない人のために↓


[ 続きを読む ]



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。